So-net無料ブログ作成
検索選択
旅行・温泉 ブログトップ
前の10件 | -

【2016/06/14:なとりの総会ご案内届きました】こっちだった! [旅行・温泉]

先日、利益確定した「カゴメ」は株価を上げ、株主優待届いたら売ろうかと思っていた「なとり」が下げています。

逆でしたわ、利益確定するのは。。。

やってしまったのは、しようがないし、このパターンは初めてではないはず。
学ぼうよ、わたし!

しばらくホールドします。損切りは、できないダメなヤツです(;^_^A

それにしても、東北北部も梅雨入りしました。
ちょっとの合間に母を連れて、栗駒山荘へ。
今年も、秋田県南の温泉一泊旅行に出ました。
やっとの晴れ間に露天風呂を楽しんできました。
image.jpeg
斜面に雪が残っていました。
帰り道、消防の車数台とすれ違い。
ここも、タケノコとりのメッカです。遭難じゃないといいなあ。

いい温泉だったけど、山道長かった!
auのみ圏外でネットと切り離された一晩でした。自家発電で、節電第一なのはよくわかるけど、ここの良さをリアルタイムで伝えたかったなあ〜。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

円高なのか、円安なのか、わかんなくなってきました [旅行・温泉]

3月24日から4月1日まで海外旅行をしてきました。
http://tabinotobira.blog.so-net.ne.jp/

円安に振れ始めたので、ポートフォリオが黒字になってきたのはいいのですが、
何もわたしが行くからって円安にならなくても、というタイミング。
ただ、次にいつ休めるか、というタイミングもあり、決めました。

ユーロは、成田空港で両替したら127円近い!
キャッシングとカード利用分が、122-123円。

ほんっとこの為替と言うのは謎だ。

アベノミクスがいつまで安泰か、みんな利益確定して反転してきやしないか、考えたらキリないですよね。
少し、外貨建ての商品、利益確定しておくかな。もう遅いのかな?

DSCN4854.JPG
寒かったので、ジェラートは、あんまり食べたいと思わなかったのが残念です!
これはあっさりめで美味しかったなあ♪
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

夏瀬温泉「都わすれ」再訪 [旅行・温泉]

夏の西日に照らされながら入った露天風呂に、しみじみと入りたくて、
友達と角館~夏瀬温泉~角館というドライブをしてきました。
「都わすれ」は、日帰り入浴500円。
一泊すると30,000円近いすんばらしいお宿です。国内外からお客さんが隠れ宿として利用しているらしい。

すっかり晩秋の気配。紅葉も今年は今ひとつでしたが、やはり奥山はひっそりと美しいです。

111108.JPG

他にお客さんがたまたまいなかったので、今回は、内湯もパチリ。

111106.JPG

シックで落ち着く板張りの静かなお風呂です。

お昼は、先に角館で地物のお蕎麦をいただいてきました。
111107.JPG
十割っていうけど、食べやすかったです。
剥いた林檎というデザートが、シンプルで美味しい

帰りは、また、青果店さんがやっている「さかいやパーラー」でパフェ。
111104.JPG

帰りがけに鯛焼きも見つけたので、聞いてみたら、この時季、地物の西明寺栗と林檎と餡が入っているんだって!これは、買いです。
111103.JPG

もうすぐ冬になると、夏瀬まで自家用車では行けなくなります。
次に行くのは、たぶん、GW明けくらいだろうな。
新緑も露天で楽しみたいです。



タグ:温泉 角館
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

秋の連休、有効活用 [旅行・温泉]

不景気とか、みぞーゆーのあれ、とか言っても、
それなりにお得なお買い物をみなさんこなしているような気がする。

たまに、ほんとに景気悪いの?というニュースに出会ったりもする。
毎日が日曜日のわたしにとって、この秋の連休はほとんど関係ないのですが、
これをきっかけに帰省してくるトモダチやらがいて、
旅行サイトはちょっと気になっています。

10/2の次回の東京での診察も、ついでに京都へ行こうと思ったくらい。
若干紅葉に早いし、京都のトモダチの都合がつかないのでキャンセルしちゃったけどね。

停滞するより、変化を感じましょう。
風に吹かれるには、いい季節です。

わたしは、ちょっとクルマで遠出というのにトライしたいです。
県内からついに脱出かも。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

帰ってきました~ [旅行・温泉]

今朝9時頃成田に着いて、羽田にリムジンで移動。
マイルを使いラウンジを利用して休憩し、株主優待航空券ゲトして、14時、ウチに帰ってきました。

帰ってお風呂に入ろうとスイッチを入れたら、外は大雨、と思ったら雹でした…。

お土産はほとんどないんです。
ごめんにょ。
ポストカードをいろいろ買ってきました。
最近見つけた文具が揃っている100円ショップで額を探してみます。

パリ経由でニースに行き、マントン、エズにバスで遠足。
パリに移動し、パリを起点にアミアンとナンシーに行ってきました。
その気温差は、沖縄北海道くらいです(笑)。
なんでこんなコースにしたんだろ?

とりあえず無事帰りました。
ぼちぼち報告していきますね。

ロスカットはされていませんでしたー。
パリでの買い物は、129円くらいのレートでした。こんなもんです。
(なぜなら、一回ドル換算などして少しずつ手数料が乗っかっていくのです)

ほんじゃ、またっ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

肩書き 旅人 でいくだ [旅行・温泉]

相変わらずポイント集めに忙しい今日このごろ。
某ポイントサービスで、エイビーロードで旅行の問い合わせをしたら50ポイントというのにのっかって、10/24発の旅行を検索してみた。

10/24は、次の健診日であります。
なので、検査が済んで夜のエールフランス277便でどっか旅行したいもんだわと。
そしたら、最初から「ひとり」料金で、ニースとパリの8日間というツアーがヒットした。
本当は、ヴェネツィアに行きたかったんだけど、あまりにサーチャージが高くて旅費がどんどん上がってて、それにいつか一緒にクリスマスマーケットの立つ頃にヴェネツィアに行こうと話していたヒトがいたので、とっととニースに鞍替え。

まあ、鋭意、情報収集してます。
10月下旬なので、田舎に行って葡萄だの野菜だのの収穫を見てきたいです。

ウチ?ウチはこんなです。
20080628.JPG
二日経って更に色づいてきました。
色づく順番がランダムに見えるんだけど、なんか規則あるのかねえ?

で、虫がいて絶対刺されるというので長袖で、軍手して、靴下履いて、虫コナーズ持って「赤ふさすぐり」を収穫してきました。
20080628suguri01.JPG
英語だと、レッドカランツ、フランス語だとグロゼイユになるんだけど、ウチのは酸味が強くて生食には向きません。よくケーキのトッピングなんかに使ってますが、種はあるし、わたしはいくらビジュアルがいいからってねーと思うのですが、ボスの話だとフランスのグロゼイユは生でも美味しいんだそうです。我が家の問題かもしれません。なので、これは果実酒になります。
20080628suguri02.JPG
保存の瓶は、密閉できるやつにするんだけど、こういうのもいいなあ。

サワードリンクにもいいんじゃない?
WECKので、こんなのもあります。

しかし、6個もいらんよね(爆)。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【秘湯めぐりの旅】花巻・鉛温泉と八幡平・藤七温泉 [旅行・温泉]

何だよ~。昨夜ユーロが158円後半をつけたので、こりゃ反転かなと寝て、起きたら156円だよ!
いったん、155円台もあったじゃないですか。
ま、そうなったら甘んじて受け止めます。
お金は、また働けばよいのだ。

というわけで、夏休みは5月から予約を入れておいた温泉ドライブでした。
日本秘湯を守る会に加盟している旅館に泊まり、スタンプをもらうのがトモダチの趣味?で、ここ三年は秘湯めぐりをしている。

今年は、岩手県の花巻と八幡平である。

しょっぱな、わたしが美容院に寄ってて、時間がかかってしまい隊長のマリちゃんのご機嫌は最悪である。段取りが狂うと、先が見えてくるまで怒りが納まらないというのは、自分もそうなのでよく判る。じっと助手席で耐えてました。盛岡から高速に乗ったら意外とあっさり鉛温泉の藤三旅館に着きました。

なかなか由緒のありそうな旅館です。

木造だけど、増築部分は新しく、秘湯でありながら冷房は効いているし、TVもある。二人で八畳のお部屋はゆったりそのもの。早速お風呂へ。自炊部もありました。

こーんな風情のある階段を下りて、二箇所あるお風呂を制覇。
ここの名物である立って入る地下の温泉「白猿の湯」は、時間によって女性専用となるのでそれは夕食後に取っておく。

温泉は、少しぬるつきがあるけど臭いもなく、色も透明。
温泉を出ると、これで決まり。

小岩井のフルーツ牛乳です。
フルーツ牛乳というのが、オレンジ、パイン、バナナのミックスであることを知る。
旅館の晩御飯は、こうきますね。

いやー、いかにも旅館だよ~。
お刺身からジンギスカンまであるし。

せっかくなので銀河高原ビールを飲む。
この会社どうなったんだっけ?まだあったんだ…。
地下の「白猿の湯」もクリアして、翌朝は、最後のお風呂に入って出発!
高速を使うと眠くなるし、結構早く着いてしまうので、盛岡方向へ向かいつつ、道の駅でソフトクリームを食べたりしながら八幡平へ。

どぴーかんな夏空です。暑いぞー! 
八幡平温泉郷を通り、いろいろ温泉地を通り過ぎ、とりあえず時間もあるし八幡平の頂上を目指していたわたしたちは、とんでもないものを目撃した。

ついたてが途切れた露天風呂と、全裸の入浴客…。
クルマで通り過ぎつつ、ナニー?あれー?あそこが今日の目的地かー?

つまりですねえ、これが露天風呂だったりします。

この板がお風呂のヘリ。夏草の向こうが道路だよ(爆)。

左側に申し訳程度によしず張りっていうの?
あっはっはーである。

もう一箇所本当に地面からぽこぽこ沸いてくる露天風呂は、混浴だそうで、こちらも夜は時間限定で女性専用になる。

ここは、標高が1,400メートル地点にある温泉で山の宿という風情。
トイレも洗面所も共用で、部屋も狭い。
暑さもきわまる14時に着いたけど、冷房も扇風機もないの。
夜は涼しかったけど。

晩御飯は、大広間で皆で食べるのだけど、管理人?さんの挨拶があって温泉の由来や、標高が高いので気圧による不調があるかも、など話してくれた。

山菜の天ぷらも、油揚げで袋にした中にニンジンとごぼうがはいっていていいだしがでている小鍋も、じゅんさいも冷奴も鮎の塩焼きも美味しかったです。

朝御飯は、温泉卵つき。美味しい~。

13日なのでお墓参りもあるし、八幡平から秋田の方に降り、玉川温泉や角館を経由して帰宅。
すごく硫黄くさいわたしになっていました。

露天風呂は、天然っぽいと、それだけ虫もいるし、土砂でざらついたり、ワイルドなのでした。
だって、秘湯だもんねえ。

お土産だとか、八幡平の高山植物などはまたのちほど。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【ソウル、パワースポットの旅 -3-】風も水も流れるもの [旅行・温泉]

ダウを見て、やばいと思ったけど、三菱商事の単独だけど68%強の上方修正はどれだけ評価されるか、どっちに転ぶかどきどきしながら、PFを開いてみたよ。

円高だし、まあ、こっちの確率が高いんだろうが、胴体着陸よりタッチ・アンド・ゴーで上昇ってことは夢見てもいいですよね。相場は、動くものだから。

*****************

さて、ソウルがどのように風水の力を生かすために作られた町かというと、

景福宮(簡単に言っちゃえば王宮)の後ろに聳えている北岳山から流れ下ってくる生命エネルギーの通路が龍脈となって、政治を執り行なう「勤政殿」を通過し、「光化門」を通り、李王朝の威光と精気を南にある町の方へ流れていくという考え方です。(荒俣宏著「風水先生 地相占術の驚異」参照)

四季のある東アジア、中国文化圏で生まれて育った風水ですが、ギリシア神話も神々はオリンポスの山にいたりするし、神格化されたものは高い山にいたり、感じられたりするというのは、まあ理解しやすいことではないでしょうか。

あんまりガチガチに信じていないし、勉強もおろそかなわたしは、ツアーでは聞き役専門でしたが、正直、つかず離れずなスタンスでいっかーとしみじみ思いました。

個人的に、ヨーロッパでもどこでも、わたしが好きなのは彫刻というか立体のオブジェだなーと撮ってきた画像を見て思っています。それも、例えばロダンみたいなリアルなアートじゃなくて、名も知らぬ職人が想像力を逞しくして作り上げた神獣とかが好きで惹かれます。

昔の建物は、燃えることが一大事なので火除けとしての存在なのでしょう。
魔除けとかね。上のは、景福宮のです。下のはホテルの敷地にあった円丘壇のものです。

ホテルの敷地内にあった円丘壇は、絵葉書をちょっと転用してみます。

ホテルがガードしているのか、何かを受け止めようとしているのか、そんな印象です。
朝の散歩で行ってみました。

屋根の瓦に魔除け?か火除けが周囲を見張っています。
細部は、こんなに綺麗。

特徴は、丹青と呼ばれる文様、彩色です。緑がメインなのが韓国風だとガイドさんが言っていました。中国は「赤」だとか。

龍にしても、中国の龍は爪が7本だが、韓国の龍は6本だとか。

タベモノネタと、ウェスティン朝鮮のステキなロビーその他は以下つづくであります。


nice!(0)  コメント(10) 
共通テーマ:

【ソウル、パワースポットの旅 -2-】こんなホテルが好き [旅行・温泉]

株は、カゴメが、ボリンジャーバンドの2σの上にいて、ANAがティピカルプライスにちょうど乗っかったくらい。ダイヤは、ちょぼちょぼですが利益出してくれています。ダイヤは配当がよさげなので、権利を取っておこうかなと思っています。

カゴメの利確を早まったよなー。アタマとシッポをくれてやったとはいえ、相当でっかいアタマとシッポでありましたは。わっはっはっ~。<負け惜しみ

で、FXですが、昨日、152円台で買ったユーロを一旦利食いして、154円台で買い戻して、もっともっと高い値段で買った分がスワップを稼ぎ倒すまで転がして、資金の額を増やしていきたいと思っています。

********************

ホテル、特に海外のホテルで過ごす時間は、異次元というか、非日常であり、
ゴージャスならゴージャスに、簡素ならそれなりに気分にストレートに入ってくるような気がする。

ウェスティン朝鮮の、普通のツインルームはこんなです。

ベッドと向き合ってキャビネットがあります。中には、ヘネシーやらジョニ黒(懐かしー!)、冷蔵庫や、スナックなどが整然と入っています。テレビは衛星でNHKも見ることができます。映画だとか、館内の案内などの番組もあり。 

キャビネットの上には、ネスプレッソがあります。マニュアルがちょっと解り難くて、何度かトライしちゃったよー。ウチは、エスプレッソはマッキネッタで淹れてるんだもーん<言い訳。ソウルのお水は飲めることは飲めるらしいのですが、できればミネラルウォーターが無難だとか。一本はサービスで毎朝置かれていました。

 

 キャビネットの並び、窓側にデスクがあり、貸し出し無料の携帯電話(通話料は有料)、モジュラージャックなんかもあります。照明と鏡にやられたー。

クローゼットの中に、アイロンとアイロン台を発見!大き目の傘もあります。
蓋付の籠があって、それに靴を入れて出して置くと、磨いてもらえます。<チップいるだろうなあ

感動のバスルームです。中央やや左下の引き出しにご注目下さい。

 

 あんまりビジュアルの美しくないモノとされたのか、ドライヤーはここにありました。

 トイレに抽象画、シンプルでクールだよ。鏡にバスローブが映っています。

このアイテムが「金運グッズ」です。
いつか大金持ちになって常宿にしますわ。


nice!(0)  コメント(8) 
共通テーマ:

【ソウル、パワースポットの旅 -1-】旅行に占めるホテルの役割 [旅行・温泉]

金曜日から日曜日にかけて、ソウルに行ってきました。
ツアーなので、ホテルや航空機などパックになっていて、自分だったら絶対泊らないだろうホテルに二泊してきました。旅行代金はパリに行けるくらいで、ちょっとびっくりしてました。

昔、ルックツアー(パッケージの中では比較的値段高め)でスイスに行った時、ジュネーヴで五つ星のホテルに泊り、かなりいい気持ちになって以来の高級ホテルざました(笑)。

泊ったのは、ウェスティン朝鮮です。
今自分が予約すると一泊4万円を出る…。サービス料他が20%強…。
確かにサービスは、とてもよかった!
ホテルの備品も、同室になったIちゃんと大撮影大会になったくらい。

画像は、ちょっと待ってください。

飛行機は、ANAにマイルがつけられるアシアナ航空でした。
二時間ちょいくらいのフライトなので、航空会社やシートのクラスについては無理は言いません。というか、羽田発ってとても楽でした。これが成田だと、10時45分の集合時間に合わせると8時半にはウチを出なくてはならないし、交通費ももうちょっとかかっちゃう。往復だからねえ。それに帰国して、翌日何事もなかったかのように出社しないといけないわけで(爆)。<会社に言っていない

今回は、ソウルにある風水のパワースポット巡りなツアーで、一日目の夜にちょっとしたパーティーがありました。抽選会があって、なんとわたしは「金運グッズ」を当ててしまい、つい「世界全面株安の被害をこれで打開したい」と色気のないコメントをしてきました(爆)。

黄色いアイテムじゃあないですからね(爆)。
「Skin Food」という自然派化粧品のお店のボディ・スクラブなジェルとローション、バス・バブルのセットです。このお店はとてもユニークで、桃と日本酒のシリーズや、まあありがちな蜂蜜利用のもの、わたしが当たったのは「いちじく」を使ったものだったり、フード・テラピーをテーマにした商品がたくさんありました。パッケージも可愛かったです。

免税品店にも行ったけど、ソウルは、果物や漢方などを使った地元コスメが面白くてブランド物より断然楽しめました。シートパックを相当皆さん買いだめしてましたけど、納得です。というのも、実際試してみて、シート自体が日本のものより大きくタップリしていて、しかもやや厚く、染み込んだ液も滴るくらい多く、刺激もなく、肌の弱いヒトにも結構いけそうでした。

で、数軒ショップがあるからそれぞれが個性を出していて、安さが売りの店と安さと可愛さだったり、ちょっと専門的だったり、どこに入ってもそれぞれ売りがあるという感じでした。

あーパワースポットですね(笑)。
ホテルの敷地内に「円丘壇」というのかな神を祭る場所があって、ここもポイントだそうです。
具体的に何かを感じるほどわたしは鋭敏な感覚を持っていないけど、この建物は好きで朝の散歩コースにしました。

そうなの。旅行中は早起きができるのよ。
ちゃーんと、7時半ロビー集合でツアーの人たちとお粥を食べに町に出たのです。
ホテルの位置が、繁華街にとても近くてぷらーっと夜遊びにも出ました。
たまたまかもしれませんが、香港や台北より危険な感じはしなかったです。
危険なエリアに行かなかったんでしょうが(笑)。

あわび粥や、ユッケジャン、ドングリのコンニャク野菜炒めなどの「タベモノ」ネタは次回に続くです。新宿で長蛇の列になっている「クリスピークリーム」にも二日続けて行ったよ。

自分のグレードを上げたり、気持ちよくなるには、グルメよりホテルかもしれない、としみじみ感じた旅行でした。いい寝具だとか、部屋での気持ちよさを構成するアイテムは大事だわ。

そして、今日の相場。
なかなかよいんじゃございません?


nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:
前の10件 | - 旅行・温泉 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。