So-net無料ブログ作成
検索選択

りんごジャムオーストリア風だそうで [今日の出来事]

いただいた林檎は、実は、味がもうひとつ弱かった。
なので、ジャムにすることにした。
ジャムの本は、今年の春に数冊ゲットしていたので、一番シンプルなやり方を採用しようと思ったが、クリスティーヌ・フェルベールさんの極めて複雑な組み合わせの多いルセットを、まあ何か参考になる部分があれば少しでも加えたいなーと思って見たら、思いの他シンプルでちょうど自宅にあるもので代用がききそうな「オーストリア風」というのがあった。

オーストリアのケーキのガルニチュール(中身)にインスパイアされたコンフィチュールで、干し葡萄をラム酒とシナモンで風味を加え、クルミと共に、煮た林檎に加えるというものだった。

たまたま、この秋に帰省した際、母が青森旅行してお土産で山葡萄の干したのをくれた。それをラムに漬けていたので、これを使うことにした。クルミもちょうど残った砕いたのがあったので採用。

で、意外と煮詰めない感じで完成。
パンにバタを塗って、タルティーヌっていう感じで食べました。

パイの中にでも入れたらいいのかもね。
明日は、ヨーグルトトッピングして食べます。


nice!(0)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 5

おはようございます。

胡桃入りのジャムって、食感が楽しそうですね。
ラム酒入りのジャムは、まだ口にしたことがないかも・・・。
で、わたし、パンにバター+ジャムの組み合わせは最強だと思います!(毎日でも、飽きない自信ありマス。笑)
そして、ピーナッツバター+苺ジャム(この場合ジェリーと表現したほうがベター!)、「奥さまは魔女」で知った憧れの食べ方♪
初めて試した時には、感動でした。(こちらは、毎日では飽きます。。。笑)

Nさんの件・・・、
そういうことでしたか。。。知的財産の泥棒ですよね。
著作権の扱い方等もそうですが、認識の甘さでルールを犯してしまわないよう充分注意したほうが良いですね。
わたしもネット利用者として気をつけなければ!
(↑知らず知らずのうちに、触法行為もあるかと。。。怖)
でも、確信犯は持っての外ですね。
by (2006-12-04 09:18) 

ペルノー

FAHさん、おはようございます。
レーズンってラム酒に漬けますよね?
それを使ったので、ジャムにラム酒が入っているというよりはもっと少なめです。フェルベールさんのコンフィチュールは、ワインなどが取り入れられていてとっても組み合わせがユニークなんで、ルセットを読んでいるだけで楽しいです。

ピーナッツバターは、スキッピィの甘くないやつに蜂蜜をたんまり塗る、というのを昔、父がお世話になっていたアメリカ人の宣教師さんに教えてもらいました。ソントンの甘いのしか知らなかったので、驚異でした!

>著作権の扱い方等
そうですよー。
どこで誰が見ているかわからないので、ゆめゆめジャニ系の曲をCDに焼いてさしあげますー、なんて言ってはいけませんよー(爆)。
by ペルノー (2006-12-04 09:28) 

凹んでおりまする・・・・・・・・・。
わたしって、つくづくイメージ力に欠ける女だわぁ・・・・・・。
過去のコメ、消去願いたし!(爆)

ピーナッツバター(スキッピー、常備しておりまする。)+ハチミツ、美味しそうですね。これは、やってみなければ!
by (2006-12-04 09:46) 

↑そうだっ!ソネブロは自分で消せるんでしたね。
で、消してきました。(爆)
・・・・でも、○いてみてくださいね♪(笑)
by (2006-12-04 09:52) 

ペルノー

FAHさん、ぷぷぷ。
大丈夫、大丈夫。
もちろん、CDを買って聞きますともさ(^^)v
by ペルノー (2006-12-04 10:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。